モトコー立ち退きのことで工場長が思うこと。【GFMG】

2月も半ば!本日チョコレートがたくさん売れる日!です。
 
 
ね!
 
 
2号と同じくあけましてーで始まるブログを書いては
最後の仕上げまで行かずのが数本。
 
 
 
やっぱり、終わらせる!やり切る!とかいう気持ちって大事だなぁと思います。
継続をやめて思うことは「義務感」や「責任感」って必要やなぁってこと。
 
まぁええか。と思いだすと際限なくだらけてしまいます。。。
(だらけてって、仕事してんですけどね)
 
 
 
 
 

平昌(スマホはぴょんちゃんで変換してくれるけど、
パソコンではしてくれないのでひらまさと打ってる)

 

工場長です。
まいど、どうも。
 
 
オリンピックやってますねー!
あんまり見れてないですけど。
 
 
ジャンプ競技を見ていると
「運も実力のウチ」ということやなと思います。
風があれば、なければっていうのはもはや運。
その運(風)が来たときに確実につかむ実力があるかないか。
その点バスケットボールは平等ですね。
 
 
 
さてさて。。。こんな感じでは
オリンピックの話をするかと思いきや
そうではなくて、、話は変わります。
 
 
 
 
 
モトコーの話。
 
 
 
 
実店舗のあるモトコー3番街のお店の海側のほとんどのお店が
今年の3月末に契約が切れます。ウチも。です。
 
あと1か月半。
その後工事を始めるとJRは言います。
なぜか、3番街から工事です。
 
 
 
 
JRからはきちんとした立ち退きの理由の説明もされないまま
JRが考えた新しいテナントの家賃や
区画の工事日程が続々決められ連絡がきます。
 
 一方的なもんです。力を押し付けてきてます。
 
 
 
商店街は個人商店の集まりですので
JRはそこに目をつけて、
商店街ではなく個人を攻めてきています。
 
 
コンパクトカー1台程度の立ち退き料で。
 
 
その程度では立ち退いた後に作るという
ショッピングセンターへ入居する費用も出すことができません。
※JRは箱を作るだけなのでテナントの造作諸々はテナント負担です。
 
 

そもそもそれができるのは2年後以降ですから
その間の生活費だってまかなえません。
引っ越し費用で大半が消えてしまうでしょう。

 
 
なかにはこんな事を言われる人もいるそうです。。
 
 
 
「これでは生活できへんやん。どうしたらええの?」
 
「ほんなら生活保護でももろたらよろしいやん」
 
 
 
怖。。
怖すぎる。。。
 
 
>まぁこんなこと言うたとは認めないでしょうけど。。
 
 
 
 
 
まぁね。。。個人的には、
自分で道やチャンスを作るのが経営者やで、
余裕ない商売してるんは自分の責任やで。景気のせいちゃうでー。
同じ場所でずーっといててそれでいいと思ってるからそーなるねん。
商売してる限り油断したらアカン。甘いねん。
思っています。が。
 
 
 
が、ですよ。
 
 
何十年もそこにいて、
60や70過ぎた人たちの生活をわざわざ奪うようなことをするやつらは
地獄へ落ちろピー とはもっと強く思っています。
 
 
 
商店主なんだから、自己責任部分はあるけれど
だからってそれを奪っていいということじゃない。
 
あれです。
正しいから、強いからって「攻撃」して許されるってことではないって事。
 
モトコー立ち退きがJRが存続してく上で絶対必要ならまだしも。
 
 
 
弱いから助けてもらうは当たり前じゃないけど
強いから助ける事は当たり前なんです。
 
 
JRがやろうとしてることは真逆。
 
 
こうやって当たり前を使えたら
永続的に成立することっていっぱいあるのに
って思います。
 
 
 
小さい子供が大勢でわーわー騒いでも
みんなであたたく見守ってくれて時には面倒を見てくれて。
昭和感が見た目だけじゃないのがモトコーです。(3番街しかしらないけど)
 
 
 
そういうところ1か所くらいあってもいいんじゃない?
って思います。
 
 
自分が着てる着古したジャンパーをシェルパーカーと交換して
っていうてくるへんなおじさんが来ることもあるけど
ちゃんと会長に言いつけに行くと追い返しに来てくれるので大丈夫(笑)
 
 
 

モトコー3番街

 
GRIN★FACTORYは立ち退きがきていることもしってて入居してるけれど
あんまりにもJRのやり方が汚いことと、いい人たちが多いので
正直、ここ半年ほどはずーっと毎月赤字ですけど
もうしばらくやったろう!とか思ってしまいます。
 
やり方が汚い。
 
 
でもそういうことが出来るのはWEBの売り上げがあるから。
ネットで購入して下さっているみなさまには本当に感謝です。
(もちろん、直接お店にきてくださる方々にも感謝しています。)
 
 
 
 先は見えませんが、もうしばらくやってみようとはおもっています。
(って、なかなか開けれていませんがw)
 
 
 
ので、新作続々出しますのでいいな!と思ったら買ってください(笑)
それがモトコー立ち退き阻止のための力にものすごくなります。
 
 
 
そんな新作は七転び八起きがテーマ(*^_^*)
そう、転んだら起きればいい。
 
そして、手を差し伸べられる人になりたいと思います。
 
「Skateboard★ナナコロビヤオキ」ドライロングTシャツ

「Skateboard★ナナコロビヤオキ」ドライロングTシャツ

 
 
 
PS:ミニバスウェア専門店ではないけど、ジュニアサイズ豊富です。
の証にミニバス用のカテゴリ作ってみました。
まだちょっと整理しきれてませんが。。。
ミニバスウェア

ミニバスウェア

投稿者プロフィール

工場長
工場長
バスケ歴:松原第三中学校→府立松原高校→大阪薫英女子短大→日立甲府→大阪丸紅→ふれんど→大阪ガス(2016年3月退部)→

高校大阪3位と高校時代までの戦績は今ひとつながら、その後はチームメイトの活躍のお陰で大学生ではじめての全国大会を経験する。 その後所属した日本リーグ(現WJBL)、国体、全国クラブ準優勝、オールジャパン、全国実業団大会など様々な大会出場経験。

2007年にバスケットボールウェア専門ブランドGRIN★FACTORYを立ち上げ10年目を節目に法人化しGRIN FACTORY株式会社とする。 ちなみに実業団であった大阪ガスに復帰したのは36歳の時。半年ほど前に入部していた2号に出会う。※2016年学生時代のチームメイトに誘われ出場した日本スポーツマスターズ大会で2年連続全国準優勝を果たし、3度目の正直の全国優勝を狙っている。。。

「自信は自身から」

自信とは自分を信じる。と書きます。

自信がないあなた。

自分を信じられるほど、自分がやってきたことが信じられるほど、あなたはがんばりましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です