【バスケットボールノートサポート】目標設定をしよう

さぁて、始めましょう。

 

バスケノート、手元にありますか??

1枚目ペラり。

とめくります。

すると、「目標設定&達成確認シート」というページが現れます。

まず、日にちを入れます!

 

「 チームの目標・夢・目指すこと」

ここは、チームで決めたことを書きましょう。
もし、あいまいだったり、思い浮かばない場合はチームのみんなと話合うのもいいと思います。

チームの目標がしっかり決まっていないと、自分自身が何をしたらいいのかあいまいになりかねません。
バスケットボールはチームスポーツです。

チームあっての選手ですから、チームが何を目標にしているのかをまずはっきり決めましょう!

 

 

 

「個人の目標・夢・目指すこと(大きな目標)」

将来(何年後かの)自分はどんなプレーヤーになりたいのか。
を書きます。

例)全国に通用する選手になる!
例)JBL(WJBL)選手になる!
例)NBA選手になる!

などなど・・・
夢はでっかく行きましょう。

 

「 後までに達成する目標」

(大きな目標を達成するための中期的な目標)

※毎日練習するチームも、そうじゃないチームもあるので
数字は入れていませんが、G★F工場長的には
半年~1年くらい後を想定しています。

※夢より具体的に絶対達成したい目標を書きます。

例)チームで不動のスタメンになる。
例)コンスタントに20点取る選手になる。
例)相手のエースをことごとく止めるディフェンスのエースになる。
例)◎◎の大会で優勝する!

 

「 後までに達成する目標」

(中目標を達成するための短期的な目標)

これも、毎日練習したとして・・・
ノートが終わる90日後を想定しています。

たとえば、スタメンになるために必要なスキルの習得や
全国大会に出るために何をできるようになるべきかを
書きます。
できるだけ、そのために何をするかも書くようにします。

例)ディフェンス力を付ける。
・・・そのためにはフットワークをさぼらず頑張る!
・・・オフェンスが何をしたいのか考える。
・・・抜かれたとき、なぜ抜かれたかちゃん考える。

例)シュート率のアップ
・・・そのためにはシュートをたくさん練習する!
・・・試合で使うシュートを考えて練習する。
・・・ゴール近辺のシュートは左右の手で打てるようになる。

例)1対1でディフェンスを抜けるようにする。
・・・ドリブルの練習をする。
・・・ステップワーク、(止まり方含む)を練習する。

例)リバウンドをもっとたくさん取る選手になる。
・・・シューターの打っているシュートの軌道をよく見て何処に落ちるか研究する。
・・・ポジション取り(スクリーンアウト)で押され負けない。
・・・片手でボールキャッチができるようになる。(少しでも到達点を上にするため)

というように、短期的な目標になればなるほど、詳しく記入するといいと思います。
なぜなら、短期的な目標を達成できなければ、中期的な目標も、最終目標も達成できないからです。

注意として、短期目標は90回練習頑張ればできそうな目標にしてください。
自分もやればできる事、達成できるんだ!という達成感を味わうことが何より大事ですし続けていく秘訣です。

ここで・・・
G★F工場長母校の付属高校(現薫英女学院高校)の選手が練習前に全員で円になり朗読していた言葉を紹介します。

第一歩

 十里の旅の第一歩
 百里の旅の第一歩
 同じ一歩でも覚悟がちがう
 三笠山にのぼる第一歩
 富士山にのぼる第一歩
 同じ一歩でも覚悟がちがう
 どこまで行くつもりか
 どこまで登るつもりか
 目標がその日その日を支配する

これは、後藤静香(ごとうせいこう)さんの作品です。

高校生が朗読するものは他にも何パターンかあって、私はその朗読で覚えたんですが、すべて後藤静香さんの作品であったのを知ったのはだいぶ経ってからでした(^^;
大リーガーの松坂大輔選手も、このメッセージを大事に積み重ねているそうです。

是非、どこまで行くのか設定し、その日、その日の第1歩を大事に頂上を目指していただきたいと思います。

では、少々長くなりましたが、頑張って目標を決めてください。
お手元にGRIN★FACTORYバスケノートのある方は、さっそく目標設定欄に記入して行ってください。
次回は、毎日の記入ページの書き方、使い方をメールしますね。

 

 

この続きはサポートメルマガで配信しています。無料です(*^_^*)

90日間 バスケノートサポートメルマガ登録はこちらから!

投稿者プロフィール

grinfactory
grinfactory
GRIN★FACTORYのメインキャラ「グリン王子」
いちど、某ブランドにパクられて存続の危機にあった事がある。
今は商標登録も済み、のうのうとメインの座にのさばっている。

「人を責めるより自分を磨け」

うまく行かない、全然勝てない。
バスケットボールはチーム競技ですから、うまく行かないときに、つい誰かのせいにしてしまうこともあるでしょう。

でも、人のせいにしてもなにも解決はしません。

だったら、そのもやもやを自分を磨くパワーにしませんか?その方が自分も上手くなるし、みんなにメリットがありますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です