GFMG

【GFMG】クラブチームあるある

更新日:

6/10に予約を打ち切ったスマホケースを発注し納品待つこと1週間ちょっと。

17日に発送されるも、まだ受け取れていません。。

G★Fはみんな使ってる

はよ発送したいよ・・

 

コンビニ前払い決済で、すでに商品代は支払っているのにも関わらず

代引きで送られてきた始末。。

ん?料金二重取りやんか。
あかんで。

玄関で困り顔の配送業者。
配送業者さんにそれを伝えると持ち帰りで確認待ちとなってしまいました。

業者に電話で問い合わせるも、担当者が不在のため詳細が分からないため電話ではなく
担当者にメールをしてほしいとのこと。

 

なんで再度こっちからメールしないといけないのか腑に落ちないまま

どうも、電話は代表番号なだけでスマホケース作成の会社とは別な様子。

黒電話・・

黒電話・・

ここに言っても埒あかない疑惑。

そしてそのスマホケース会社からは未だ連絡なし。

メルマガ書き終わっても連絡が無い場合は
再度電話して、抗議するしかないなぁ。。

仕方ないな・・

とちょっとテンションが上がっている

どうも、2号です。メラメラ。

 

何しとんねん。
ちゃんと発送せーい。

こっちはお客さん待たせてるねん。

昨日発送するつもりで準備してたのにとんだ段取り違いやわ。

さらに言うと17日に発送されたのに、不在票もなく18日19日と配送業者にも勝手に
保管されて配送されてないし。

土日は休業日だと言っても、日付指定してないものは必要かもしれないんだし
一旦配送はするべき。

不在だったのはそうだけど、今後土日に受け取りたい商品があったとして
断りもなく平日着指定に変更されると困る。

 

配送されてきた箱には「6/20」と赤文字で手書きされていて、
「え?私指定してないのに・・」と
調べたけど私が20日指定した痕跡は無やっぱり無く。

 

ちょっと不信に思ったので配送業にはなんで20日着になっていたのかを
解明依頼中。

 

という、わけでスマホケースをご注文いただいたお客様。。
目の前に商品は来たものの受け取れておりません。。

 

大変申し訳ありませんが、今しばらくお待ちくださいませ。。
(のちほど再度確認次第、追ってメールいたします)

 

本当に申し訳ないです。。

しかもどうも、スマホケース作成会社18日から23日まで臨時休業とかになってる。。

もう業者変えよう・・。

その時はIpadケースとか作ろう。

また新しいデザインにしよう。

そうしよう。

楽しくなってきたな。

ウホウホ♪

ウホウホ♪

こんなことが起こるたび、やっぱり自分で全部作りたくなります。

外注するとどんな物が出来上がってくるか分からない恐怖があり、
なかなかそれが業務拡大できないネックになっています。

信用する人を見極めるのも、会社を見極めるのも難しい。
そして難しいと言い切れないくらいの人数にしか会ってない、
どうも内気な性格のG★Fです。

「人を信用しないということは、人からも信用されていないことで
業務は拡大していかない」

というようなことが書いてあったのは、私にとっては読みにくいあの本だったな・・。

自分勝手な持論の展開が、どうも突っかえてページがなかなか進まないアレ。笑

好きなこと

アレ

 

でもこれは確かに言えてるかもしれませんね。

 

 

自分勝手な持論といえば。。

先日よく練習に行かせてもらいマネージャー登録までしてくれて
ベンチに入らせてもらったりしていたクラブチーム(男子)が
ある地区大会で優勝しました。

めでたいと思っていましたが、そのメンバーの一人が

「もう金輪際、試合にはいかない」

と言ってきました。

私はその試合を見たわけでは無かったので、全員で掴んだ優勝だったと思っていたのですが
どうも、違うようでした。

 

その日は、2試合ありました。

 

1試合目の前には審判もあり、準決勝・決勝の日は結構ハードなスケジュールになります。

その帯同審判に、その「金輪際行かない男」Gさんが行ったのでした。

 

朝も早かったそうです。

 

審判して、ボールも運んで、TOもして応援もして。

 

 

2試合とも試合に出れなかったそうです。

 

そんなことも知らない私は

「どうしたんですか?」とGさんに尋ねました。

すると

「最初から5人で2試合やったらええやん。いう話。」

 

と返ってきました。

 

私とGさんとあと2人仲良しのメンバー(Gさん以外の3人でよく遊ぶ)の

そのLINEグループ内での発言でした。

 

仲良しメンバーの一人Kさんが

「G君を励まそうの会を開催します!」と

トーク投稿があったので、何かあったのかな?

と思っていたのですが、なんかちょっと話の形が分かってきました。

 

 

審判をしたからと言って、ボール持ちをしたからと言って
試合に出れるかと言えば、そういうものではありません。

部活生には染み込むほど分かっている事実だと思います。

ただ、

 

部活の主務的手続きはマネージャや顧問の先生が行ってくれて、
試合に出るのには登録費が必要で、試合毎に代表者会議があり出席しなくては
試合にすら出れなくて、TOや試合の割り振りを見て集合時間など連絡をして
時間の計算をして、ユニフォームの確認して、体育館までの道順を考えて・・
さらに審判の割り振りがあれば、顧問が行うこともしばしば。

結構知らない間に誰かが動いてくれていて、やっとコートに立てています。

 

社会人のクラブチームになると、選手たちでそのことを分担したりして運営しています。

が。

 

だいたい「誰か」が概ねのことをこなし、指示を出し、何とか時間を作って
自分がやりたいバスケをするためにチームを運営しています。

 

その「誰か」になったこともない人ばかりが試合に出て
チームの為に動いている自分は試合に出られない。

それで優勝しておめでとうと言われても、どうにも嬉しくない。

そういうことだろうと思いました。

 

そしてクラブチームは全員均一に試合参加費を支払っています。

なのでできるだけ試合に来た選手は試合に出すべきだと個人的にも思います。

「地区大会」という枠もそう思わせます。

 

県の大きな大会で全国大会につながっているとか、全国で勝ちたいとか

そう思ってバスケをしている選手ばかりではないということも大きいです。

 

健康や、楽しみ、仲間と一緒に汗を流す。

 

練習の後、みんなで話す、飲みに行く。

 

週に1回の練習に30歳を超えたおじさんたちが
向上だけを求めて来ているわけでないことは明らかです。

 

 

「勝ち」だけを求めていない。
それだけを求めてしまうあまり、

 

一生懸命しているけれど、あまり上手じゃない選手を
邪魔者扱いするような上手な選手は、もっとその実力を必要とされている環境で頑張るべき。

 

そもそも上手じゃない選手をうまくコントロールできない時点で
そんなに上手じゃないし、そんな態度な選手は二流ですけどね。

「勝ちたい・勝ちにこだわって頑張る」
けれど
「勝てばいいってもんじゃない。それだけを求めていない」
といのが、地区大会に出場するクラブチームのほとんどです。あるあるなんです。

 

学生さんにはまだ分からなくて良いような世界ですけどね(^^)

 

いつかなんとなく分かる日がくるでしょう。

 

 

でGさんにKさんは言いました。(場所はいつもの焼肉屋さん「こたつ」)

 

 

 

「都合よく使われてる気するよな。それは俺もGの立場やったら
 嫌やわ」
 

 

 
 
するとGさんは
「審判するのも、ボール運んだりするのはいいねん。
 
 でも2Qの5分俺が出たところで何か変わるか?」

 
 
 
 
 

まぁ変わったりするなぁ。内心思いました。

 

 

でも、チームのメンバーを見て、それを補ってくれる面子であることも
分かっていましたので、「まぁ変わらないでしょうね」と言う。

 

 

チームの采配を振るっているRさん(チーム代表の人)が試合後Kさんに

 

「Gを出してあげられへんかった。出す勇気が俺にはなかった」

 

と言って

「Gの様子どう?」と聞いてきたらしい。

 

気にはなっていたらしい。

 

 

だったら・・

「RさんがGさんに直接それを伝えてたら、Gさんの気持ちも少しは違ってたんじゃないでしょうか・・」

そう言うと、

「いや、もうそんなこといいねん。ただ試合に出たかってん」

 

 

それは実力をつけることが手っ取り早いのでは・・

 

と思いつつもクラブチームの現状やおじさんたちのバスケへの向き合い方は
それぞれだからと思い、発言を控える。

 

 

「でもG、Rさんからその話言われてたら、そんなに怒ってないやろ?」とKさん。

「いや、だから怒ってるんちゃうって」とG

「いや怒ってますやん」と私ともう一人(M君)

「いや、怒ってないって」G。

「いや怒ってるやん」K。

「だから・・・」G

「怒ってるひとー?」と大声で私が問うと。

 

 

「はーい」と手を挙げるG。 😀 

 

 

「怒っとるやないか」全員。 😥 

 

 

Rさんは自分、Gさん、メンバーを信用しきれず、

他のメンバーもGさんを信用できず進言せず、

Gさんはその結果メンバーに不信感を抱く。

 

それが結果Gさんの怒りになった。

それからは何を言ってもだだをこねるGさん。

するとKさんが核をつく

「Gは『あの試合』に出たかったんやろ?」

 

 

ん?

 

『あの試合』?

 

 

 

すると頷くGさん。

 

 

「出たい試合ってなんですか?いつも出たいんじゃなく?」と私。

 

 

「・・・あの試合は出たかってん」

 

 

「なんで?」

 

 

「動ける気がしたし、面白ろそうやったから」

 

 

・・・

 

 

は?

 

 

 

「じゃぁ自分が動けないかもしれないとか、チームが負けそうとか
 雰囲気が悪かったら、もし出れなくても怒ってなかった、そういうことですか?」
 
 
 
 
 

「うん」

 

 

は?

 

 

ナニソレ。

 

 

誰のために集まってん。

スネちゃまか。

 

 

つまり、自分の体の調子がたまたま良かったと。その日は。

だから出たかった。

もちろん朝早く出て来たのもあるけど「楽しそうやったから」出たかったと。その日は。

 

 

 

私「それは。。ただのワガママですね」(しょうもなーの表情)

 

「え?ワガママ?」Gさん

 

 

「いやそれは、、ただのワガママやわ」Kさん

 

 

「ワガママですね」M君。

 

 

どうせまた試合に行くでしょう。というGさん以外の思惑はきっと実現します。

 

 

(しょうもない)持論はあっけなく「スネちゃまのワガママ」で片付きました。

 

 

呆れた私は、もうどうでもよくなりお酒を沢山のんでお肉をたくさん食べました。

 

2軒目までの間にいつものコンビニでのコーヒーブレイク。

 

ここではいつも「ジュースじゃんけん」。

 

負けた人が全員分おごるという勝負の世界。

 

 

「ジャンケン、ポン!」

 

パー

パー

パー

グー

 

 

一発決まり。

 

 

グーは

Gさん。

 

天柱。

 

「俺、みんなのアッシーして何でジュースまでおごらなあかん!」

 

そう、この日車で来たGさんはお酒も飲めず、ジュースジャンケンも負け、
やけを起こし2軒目の支払いもほとんどした。金払いはとても良いのです。
(そして帰りは全員のアッシー)

 

そういう星の元やな。

 

なんか、トントン。

 

はぁ?と思った気持ちと懐と楽しさを丸めて半分にしたら、

まぁ、トントンやなと。

 

 

まるでクラブチームの運営のようだ。

 

 

そう思った、先週の金曜日でした。

 

 

 

さ、そろそろ電話するか。メラメラ。

 

 

PS:昨日、腰痛が酷かったのでジムへ。
   いつもは水曜日と金曜日に行くので準備が無かったのですが
   腰の痛そうな私のために工場長が準備を家に取りに行ってくれました。
   
   
   しかし・・
   
   
   
   ジムに着くとエアコンが壊れていて蒸し風呂状態。

         
   
   
   
   ・・・
   
   
   
   
   
   工場長にとジムトレーナーが同時にこっちを見たので
   
   
   「帰ろか」
   
   
   と言うと
   
   
   「誰のために来たんや」
   と工場長にどやされた。
   
   
   
   
   OH!アメイジング!

 

★★☆企画進行中☆★★

■大ちゃん募金■

羽ばたいちゃうTシャツも結構人気!

http://grin-factory.com/fs/grin/c/passion

daichan-gfmg

パッションウェア!

■「9」州プロジェクト■

http://grin-factory.com/fs/grin/c/fight9

大き目バスタオルいかがですかー。

大き目バスタオルいかがですかー。

■パッションクリニック■

http://grin2.com/

passiononline

【GFMGは、バスケットボールブログです。】
GRIN★FACTORY工場長&2号が、現役選手としてこうありたいという想いを 日々綴るバスケブログです。
ミニバス選手や中高バスケ選手とその保護者さんにもコメントやメールを沢山頂き、
私たちも励まされています!
ぜひ、ひと味違うバスケウェアブランドGRIN★FACTORYのブログ、お楽しみ下さい。

   
  

grin-factory.com
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

G★F2号

バスケ歴:松陽ミニバス→中学は陸上部→甲子園学院高校→園田女子大→大阪ガス(2016年3月退部) 小5で始めたミニバスで将来を嘱望されたが、地元中学にバスケ部がなかった。周りからは越境も勧められたが陸上部に入り、全中出場を果たす。 その後兵庫県でNO,1だった甲子園学院に中学未経験ながら堂々入部。 入学時はバッシュもなく底を綺麗に拭いた運動靴で練習をし見かねて顧問の先生からもらうなど、様々なエピソードの持ち主。「涙は分泌物」と言い放ち、心が鉄のように動かないため、鉄子とも言われている。 大学卒業後は一般企業に勤め、数年プレーしない日常を楽しんでいたが、会社の飲み会にてたまたま大阪ガスの試合に誘われ流れのまま入部。 工場長と出会う。チームでは常に30点は得点あげていた絶対的エース。

-GFMG

Copyright© グリンファクトリーマガジン , 2019 All Rights Reserved.