GFMG

【GFMG】アメイジング!

更新日:

今日の朝、妹に(なんで実家にばっかりいるんだろう)

 

「今度、東京行くんやって?」

 

とジーと見ながらと言われました。

そもそも私が東京へ行くときとかもいちいち報告しないので

実家に来た妹が私が居ないことに気づくと連絡が入ります。

「どこにいるん?」

と連絡がきます。

「え、東京。さっき三鷹の森(ジブリ)に行ってきた」

と報告すると

「また!またしらーっと言って。なんで言わへんの?」

と意味の分からない報告義務を付けてくる。

だから東京へ行くときは絶対報告しない

どうも天邪鬼、2号です。

 

でも今回は工場長がブログに書いたため発覚。

「なんで?なんで言わんの?お土産買わなあかんから?」

そもそもなんで言わなあかんねん笑

行先を嫁いで出て行った(ほとんど居るけど)妹に報告する義務が未だに見つかりません笑

 

 

そして昨日はちょっといた展示会に行ってきました。

なので昼過ぎで事務所をドロンしました。

今日の朝は無事泥棒に入られていないことを確認。無事でした。

 

IMG_3501 (2)

展示会の内容は広告資機材見本市と言って看板や
プリント方法の展示会だったので、インクジェットプリンタの巨大なやつとか
(横に2・3メートルくらいあるものとか)、レーザーカッターの機械とか
どの会社も自社の自慢の最新鋭機械を展示していて、まぁまぁ面白いのですが。。

そんな巨大な機械を事務所に入れれないし(底抜ける)、
「お安いですよ!」と言われてウン百万円とか

まぁ会社の投資額としては安いのかもしれませんが、個人で細々とやっている私たちには

どうしても良い車が1台ポンと買える金額は「安い」とは思えず。。

展示されている機械は以前と比べて改良されてどんどん良くなってるのですが
まだ綿Tシャツの方が綺麗に仕上がるとか、1枚出来上がるまで時間がかかったりと
金額の他にも導入できる要素がまだ揃っていなかったという結果でした。

そうなるといつもの悪い癖で個人的な嗜好に走ります。

なぜかプリンタとかの展示が多いなか、巨大脚立を展示している一角、と言っても
脚立を展示してるのはその会社だけ、に立ち寄る。

そこには看板とか取り付ける際、必要となるちょっとした足場や高所作業台とかも
展示されていました。

偏見かもしれませんが、土方や工事現場には「それっぽい人」・・うまく言えないけれど
「ニッカポッカ」が似合う人たちが集まっているイメージで。

そこに立っていた若いお姉さんも、明るい色の頭をし、目にはカラコン。

 

うーん、それっぽい。笑

 

でもしゃべってみるととても感じの良い、カワイイ人でした。

きちんと目をみて笑顔で接してくれ
グイグイ押してくることもなく、自社製品をとても好きな様子。

「ここ一角だけ何か異質ですね」と話すと

「そうなんです。」と笑っていました。

その会社の印象がすこぶる良いイメージになりました。

脚立買うときは是非「脚軽」ASHIGARU(長谷川工業株式会社)をお勧めします笑

 

少し回っていると、ビデオを流している会社が。

映像を流している会社さんは多いのですが、こんなレトロな感じで

しかもひと昔前の映像を流している会社さんも珍しいのでちょっと立ち寄ってみてしまうG★F。

 

最新鋭の機械を持ち込む他社とは完全に一線を画していました。

 

内容はTシャツなどにも多く採用されているシルクスクリーン製法(版を作るのはこのやり方)で
版の作り方を少し簡単にしました!というものでした。

最初展示テントの中にいた3名はお茶を飲んでくつろいでいる様子。ええ感じ。

その横でビデオを見るG★F。

じーっと。

 

ほんほんほんほん。ほー。と感心した様子の私たちを見て、よっこらしょと立ち上がったお父さん(たぶん70-80歳)。

その方は社長さんでした。

「私が映ってるんよ」

と嬉しそう。

よくよくみると確かにお父さんっぽい人が。

「その頃は頭もふさふさだったんよ」

 

ちらとみると、今は寂しそうな、、いや確実に寂しい頭をしていました。

 

ただビデオに映っているお父さんんは頭に手ぬぐいを巻いていたので
ふさふさどうかも確認できず。(怪しい)

そして

 

「ビデオを撮ったのはだいぶ前だから

 もう古くて、前のやから今のとは違う
 
 
 
 
お父さん、それをいっちゃあおしまいよ。

 
 
 
ここは最新技術を持ってくるとこやから、ビデオも最新のものを持ってこないと。

 

ただこの一言で笑ってしまい、ぐっと距離が縮まる。

ずっと昔ながらのやり方を続けていて、なんなら今でもそのやり方は
ポリエステルTシャツをプリントするには一番採用されている方法。

 

詳しくは和田商店HPの動画をチェック!笑

http://www.wada-s.com/index.html

 

そのブースではお試しプリント体験ができるコーナーが設けられていて
(ほとんどそのコーナーに取られていると言っても過言ではない)
やってみることができます。

G★Fは違うプリント方法でTシャツを作っているので「ちょっとやってみたい」という
気持ちが出てくる、またもや悪いくせ。

でもとても気分よく作らせてくれて、すごいすごいと連発していると

「返って自分のデザインでやってみたらいいよ」

と資材を一式くれました。

 

IMG_3502 (2)

お試しはうまくできた★

シルクプリントは、プリント作業もですが、版を作るのが大変だったりするのですが、
その版づくりが今G★Fにある機材で作成できるという。(ここが興味をそそらた重要な点!)

だから一式くれました。

 

儲けだけではなく、なんかお父さん(いや社長さん)に人柄でこの会社は
続いているんだろうと思いました。

 

いくら最新鋭の機械を展示していても説明してくれる人が嫌な感じだったり
上から目線がどこか拭い切れていない中途半端な中堅社員だったりすると
途端に興味が無くなります。

むこうもこちらに興味が無いかもしれませんが、買うとなると安い買い物にはならないだけに
気持ちの良いやり取りをしたいと思うのは当然です。

 

そしてやっぱり自社製品を大切にしていたり、社員さんを大事にしているかどうかも
こちらとしては、とても大事な要素です。(人によっては関係ない要素かもしれませんが)

 

脚立の女の子にしても、シルクプリントのお父さんにしても、話しやすく
買う気がなくても話を聞こうと思うし、もし必要な時がくれば
そこで買おうと思います。

社長さんが自社製品を愛しているのは、まぁ当たり前だったりするのですが
社員さんもとても良い表情をしていると、きっと良い会社なんだろうなと
思います。

社員を大切にすることは、結果お客さんを大事にすることなんだって、
本当にそう思います。

それをわかっていない経営者の人って見ていて本当に多いし、中堅が邪魔をしている場面も
多く見受けられます。

逆の意味でアメイジングです。

そんな時、お客さんんと直接やり取りできる自分の立場がとても良いと思います。

クレームを言われて対応するのも自分たちだし、それに対する対策を
考えるのも、実行するのも自分たちです。

お客さんからは直接私たちに伝わるので言いにくいこともあるかもしれませんが、
反応の早さは気にしているので、お客さんにもきっと良い時もあると思うのです。

会社を大きくしようと思うと、人手が要ります。

でも人が多くなると意見や思いが浸透しにくくなります。

でもこちらが信用しないと、信用してもらうことはないでしょう。

だから社員さんを大事にする会社は、社長の想いも浸透しやすいし愛社精神があって
よい会社になると思うのです。

すべては上に立つ人の器にかかっています。

バスケチームも、指導する人の器がメンバー数や結果に如実に出てきます。

そのチームに入りたいと思ってもらうには、現メンバーが生き生きとし楽しそうでなければ
いけませんよね。

 

 

GRIN★FACTORYは

お客さんに営業をしてもらおうと思っているズボラな会社です笑

 

良いと思う商品を提供して、共感してもらって、広めてもらおう。

そんな魂胆です。

「どこで買ったの?」

と言われたら、ドヤ顔で自慢してもらえる商品を作って、営業してもらおうと。

で、同じTシャツを着た人やG★Fの商品を使っている人を見かけたら
話しかけてもらって、ニヤリの輪を広げてもらって、友達を増やしていってもらいたい。

大手のシャツは誰でも着てる。

でも悲しいかな、うれしいかな、うちのことを知っている人って珍しいと思うんですよね。

 

だから数少ないレアなお客さん(言い方悪い?)には

G★Fの想いを知ってもらいたいと思います。

 

あ、そんな深くありません。

ただニヤリとドヤ顔精神と、少しの心意気を感じてもらえたら。

 

そしてバスケットボールに限らず、心意気で動ける素敵な人たち・お客さんに
囲まれることが夢であります。

 

 

本当の意味でアメイジングな会社になろうっと。

 

PS:工場長に買ってもらったカプチーノ?カフェラテ?の泡が凄すぎて
  全然汁気が出てこず。カップの8割泡だった疑惑。

 

PSP:そしてこそっと、「1000円カット・・」とつぶやいた妹。悪すぎる。

 

★★☆企画進行中☆★★

■大ちゃん募金■

羽ばたいちゃうTシャツも結構人気!

http://grin-factory.com/fs/grin/c/passion

daichan-gfmg

パッションウェア!

■「9」州プロジェクト■

http://grin-factory.com/fs/grin/c/fight9

大き目バスタオルいかがですかー。

大き目バスタオルいかがですかー。

■パッションクリニック■

http://grin2.com/

passiononline

【GFMGは、バスケットボールブログです。】
GRIN★FACTORY工場長&2号が、現役選手としてこうありたいという想いを 日々綴るバスケブログです。
ミニバス選手や中高バスケ選手とその保護者さんにもコメントやメールを沢山頂き、
私たちも励まされています!
ぜひ、ひと味違うバスケウェアブランドGRIN★FACTORYのブログ、お楽しみ下さい。
grin-factory.com
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

G★F2号

バスケ歴:松陽ミニバス→中学は陸上部→甲子園学院高校→園田女子大→大阪ガス(2016年3月退部) 小5で始めたミニバスで将来を嘱望されたが、地元中学にバスケ部がなかった。周りからは越境も勧められたが陸上部に入り、全中出場を果たす。 その後兵庫県でNO,1だった甲子園学院に中学未経験ながら堂々入部。 入学時はバッシュもなく底を綺麗に拭いた運動靴で練習をし見かねて顧問の先生からもらうなど、様々なエピソードの持ち主。「涙は分泌物」と言い放ち、心が鉄のように動かないため、鉄子とも言われている。 大学卒業後は一般企業に勤め、数年プレーしない日常を楽しんでいたが、会社の飲み会にてたまたま大阪ガスの試合に誘われ流れのまま入部。 工場長と出会う。チームでは常に30点は得点あげていた絶対的エース。

-GFMG

Copyright© グリンファクトリーマガジン , 2019 All Rights Reserved.