GFMG

【GFMG】出来るになるまでのブロック(壁)

投稿日:2016年1月7日 更新日:

朝から公園でロープトレーニングしてきた
工場長です。
まいど、どうも。

公園でロープトレーニング

結構おもいから持ち運び大変

 

 

中学生と一緒に練習をして
最後に「何かアドバイスお願いします!」と
来る例のアレ。

IMG_2331 (2)

斬新な並び方。

私が少ししゃべり、
パッション先輩にバトンタッチ。

パッション先輩は一人ひとりに今日何を感じたかと問う。

でも中学生の声は全然聞こえない。。。

モスキート音なのか・・・聞こえねぇ。

仕方なく中学生の後ろに周り
(声が小さいよー。もっと大きな声で!)
と言うと、うなづいてくれるけどボリュームは変わらず。

声ちっさ。。。

 

てか、何?
この上あごに抜ける?挟まる?ようなその返事・・・

ヒン(す)・・

この返事が何よりも気になって気になって仕方なかったので

そこにいた一人の中学生の前で
ちょっと、「ハイ!」って言ってみて?

・・はヒン。。!

い、いや、「ハイ!」

・・はヒン。。!

・・・・次の人に行ってみよう。

行くでー。「ハイ!」

・・はヒン。。!

 

工場長「ハイ!」
中学生「・・はヒン。。!」

このくだりをグルーっと全員としました。。。

 

え、この地区ではこの返事が伝統?
2号妹のなっちゃんに聞いてみるけど
違うという・・・

でもその中で唯一一人だけ「はい!」って言える選手がいて笑
その子を声リーダーな!みんなの声出しを引っ張って
ムード作っていってやー!。

と帰ってきたのですが。。。
あと30分あれば、ちゃんと「ハイ!」
って言わせたんですが、面倒になり笑

返事「ヒン(ス)」は私たちパッションチームのブームとなりました笑

 

前に
「声なんか出したくない。」
「声を出す意味が解らんし。」
という人に向けて

なんで声を出さないといけないんですか
http://grin-factory.com/gfmg/?p=3092

という記事を書いたことがあります。
でも、4日に行った
中学生は出したくないっていう感じではなくて

どうしてもできない。

そんな感じでした。
何かブロックがあるなと。

 

ハイ!と返事する。
とても簡単。普通のこと。

と私は思いますが、それができない人(チーム)がいる。

 

パッション先輩はとてもスキルの高い選手です。
そのスキルをすべて伝えたい!と燃え、はヒン中学生にも
ビハインドザバックやレッグスルーを使った
ドリブルテクニックをパッションむき出しで教えていましたが

 

そもそも、普通のビハインドやレッグスルーが
彼女たちはできず、そのあとの切り返しとか
ステップまでいける選手はほぼいませんでした。。。

 

 

でも中学生はどうにかしてできるようになりたい!
と一生懸命!!!
でも、ほとんどの選手ができない。

 

で、パッション先輩はふと気が付いたんです。

 

自分が教えたいことって、実はかなりレベルが高い。
教えたいことのもっと手前で苦しむ選手だっているってこと。

 

そういう選手にも教えることの難しさがあるってこと。
この選手はどこでつまずいていて、何を先にアドバイスするべきなのかを
考えないといけないんだということ。
教えたいことだけ教えることはできないってこと。

 

それを次の日伝えに来て、いろいろメニューのすり合わせをしました。

 

何かが出来ない時は何かが邪魔(ブロック)をしています。

バスケットボールで言うと

技術的ブロック(ハンドリングに問題ありとか)
機能的ブロック(怪我をしているとか、身体の使い方が違うとか)

とあともう一つ
精神的ブロックがあると私はおもっています。

精神的、メンタルブロック。。。

 

コーチは、どのブロックで
引っ掛かっているのかを見極めてそれに適切なアドバイスを
しないといけないと思います。

機能的ブロックにはまっている人に
技術指導してもだめ。

精神的に1歩踏み出せない時に
「なんでできないんだ!」と怒鳴ってもだめ。

メンタルブロックに選手がかかっている時は
(これ私も良くかかるので、つらさわかるんですw)
まずそれを外してあげてから技術指導することが
コーチの大事な役目かなと思います。

 

 

パッションクリニック開催まであと3日。

 

教える難しさと楽しさ。
私たちも学びます。

 

今回は初回プレ開催ということで
2号の出身ミニバスに行きます。

 

いっぱい一緒に学んでいい報告をしたいと思います(#^^#)

 

パッションクリニック

パッションクリニック

  http://grin2.com

【GFMGは、バスケットボールブログです。】
GRIN★FACTORY工場長&2号が、現役選手としてこうありたいという想いを 日々綴るバスケブログです。
ミニバス選手や中高バスケ選手とその保護者さんにもコメントやメールを沢山頂き、
私たちも励まされています!
ぜひ、ひと味違うバスケウェアブランドGRIN★FACTORYのブログ、お楽しみ下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

G★F工場長

バスケ歴:松原第三中学校→府立松原高校→大阪薫英女子短大→日立甲府→大阪丸紅→ふれんど→大阪ガス(2016年3月退部)→ 高校大阪3位と高校時代までの戦績は今ひとつながら、その後はチームメイトの活躍のお陰で大学生ではじめての全国大会を経験する。 その後所属した日本リーグ(現WJBL)、国体、全国クラブ準優勝、オールジャパン、全国実業団大会など様々な大会出場経験。 2007年にバスケットボールウェア専門ブランドGRIN★FACTORYを立ち上げ10年目を節目に法人化しGRIN FACTORY株式会社とする。 ちなみに実業団であった大阪ガスに復帰したのは36歳の時。半年ほど前に入部していた2号に出会う。※2016年学生時代のチームメイトに誘われ出場した日本スポーツマスターズ大会で2年連続全国準優勝を果たし、3度目の正直の全国優勝を狙っている。。。

よく読まれている記事

1

今日は質問にお答えします。 こたえはポップな言葉(関西弁)でお送りします。   工場長です。 まいど、どうも。   いきなりいくで。 今日はながいで。 意外にもよくある悩みが「背番 ...

-GFMG