GFMG

【GFMG】理由

投稿日:

昨日、森三中の大島さんが無事出産をしましたね。

親方!

親方!

 

同日、私の妹も無事出産をしました。

高校時代、「大島さん」とあだ名を付けられていた妹は
どうも他人事では無いようで

「ニュースで見て嬉しくなった」そうです。

お二人ともおめでとう!

どうも、2号です。

3300以上あってもちっこいな

3300以上あってもちっこいな

 

ちなみにどちらの大島さんも
出産した子どもの重さは3300グラムオーバー。

私のころはそんなの当たり前くらいだったような気がしますが、
最近は2700グラムくらいで出産に負担がかからないように
するらしいですね。

大きいお母さんからは大きい子どもが生まれてくるようです。
(妹は170㎝くらい)

友人のフェイスブックを見ていると、子どもの事を沢山載せているお母さんたちが大勢いるのですが、
一緒に映る父親(旦那さん)の顔が、子ども以上に成長しているように感じて

 

お母さんはお腹に子どもができた瞬間お母さんで、
お父さんは子どもと一緒に成長してどんどん「お父さん」になるのだなと思うこのごろです。

 

そういえば、先日工場長が「頑張らない理由を子どものせいにするのはずるい」と
言っていましたが、確かにそうだなーと思います。

でも子どもを育てる大変さを知らない私は何にも言えないかも。。とも思います。。

そして頑張れる環境がある私は、頑張らない理由よりも

勝てない理由を潰していきたいと思っています。

 

そんな、甥っ子が生まれたその日(つまり昨日)、読んだ新聞の内容は

生まれるという生とは真逆のこと。

勝つを追求しすぎた結果、起こった悲劇が書かれていました。

それは第二次世界大戦の沖縄戦の話でした。

戦後70年。

戦後。。しかし。。
未だに世界中で戦争は無くなっていません。

戦後ではなく、戦中の国もあります。

戦争を知らない私は、新聞や資料館でしかそれを感じ取ることしかできません。

戦争を始める理由はどこにでもあるような気がします。

では理由があれば戦争をしてもいいのでしょうか??

理由があれば人を殺してもいいのでしょうか。

それは一方からは大義でも、一方的な理由ではないでしょうか。

新聞に載っていた記事には

「あんな凄惨なことを目の当たりにしたのに、それでも戦争が無くならない事実に驚く。」

防空壕の中、赤ちゃんが泣きだしました。

日本兵の一人が、その母親に目配せをしました。

すると黙って母親はうつむき加減に頷き、我が子の声が漏れないように口に手を当てました。

鳴き声がやみました。

そして、その赤ちゃんは動かなくなりました。ずっと、動かなくなりました。

そんな事実があるのに、目の当たりにしてきたのに、それでも戦争は無くならない。

妹の出産写真を見ました。

大きな声で泣いてるだろうことは赤ん坊の顔を見るだけでわかります。

必死で息をして、必死で生きようとしています。

体中、血をまとって、「今出て来たよ!」と必死に叫んでいます。

 

 

その血とは正反対の血が、今も世界中に流れています。

 

 

外交とか、制裁とか、色々理由はあるのだと思います。

 

 

言って聞かない子は母親にたたかれます。

それは子どもと母親の間に「愛情」「絆」があるから成り立ちます。

「イライラした母親はもの分かりの悪い息子の手を引っ張って
もう何個も持ってるでしょ!?と おもちゃ屋の前で声を上げている
欲しがっているのはおもちゃじゃなく愛情で
拒んでるのも「我慢」を教えるための愛情で
人目も気にせず泣いて怒って その親子は愛し合っているんだ」
(横断歩道を渡る人たち Mr.Children)

 

では武器を持って戦い合う間に愛情や絆はあるのでしょうか。

 

何か解決できることがあるのでしょうか。

母親に怒られて良かったと思うことはあっても、

戦争で銃を打って良かった、なんて思える日はくるのでしょうか。

 

そこにあるのは「憎しみ」だけです。

 

 

何も持たずに生まれてきたのに、他人の命を奪うために武器を手にします。

そんなことがあっていいのでしょうか。

 

大きな泣き声をあげて生まれてきたのに、口を押えられて息ができなくなるような

そんなことがあっていいのでしょうか。

 

戦時中でも戦後すぐでも無い時代に生まれた私ですが、

戦争について何も考えないのは罪のような気がします。

 

身近に生があったことで、逆にこの新聞の記事が心に残りました。

 

 

私が言ってることは所詮「綺麗ごと」なのでしょうか。

 

どう思いますか?

 

 

【GFMGは、バスケットボールブログです。】
GRIN★FACTORY工場長&2号が、現役選手としてこうありたいという想いを 日々綴るバスケブログです。 
ミニバス選手や中高バスケ選手とその保護者さんにもコメントやメールを沢山頂き、 
私たちも励まされています!
ぜひ、ひと味違うバスケウェアブランドGRIN★FACTORYのブログ、お楽しみ下さい。

grin-factory.com
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

G★F2号

バスケ歴:松陽ミニバス→中学は陸上部→甲子園学院高校→園田女子大→大阪ガス(2016年3月退部) 小5で始めたミニバスで将来を嘱望されたが、地元中学にバスケ部がなかった。周りからは越境も勧められたが陸上部に入り、全中出場を果たす。 その後兵庫県でNO,1だった甲子園学院に中学未経験ながら堂々入部。 入学時はバッシュもなく底を綺麗に拭いた運動靴で練習をし見かねて顧問の先生からもらうなど、様々なエピソードの持ち主。「涙は分泌物」と言い放ち、心が鉄のように動かないため、鉄子とも言われている。 大学卒業後は一般企業に勤め、数年プレーしない日常を楽しんでいたが、会社の飲み会にてたまたま大阪ガスの試合に誘われ流れのまま入部。 工場長と出会う。チームでは常に30点は得点あげていた絶対的エース。

-GFMG

Copyright© グリンファクトリーマガジン , 2019 All Rights Reserved.