GFMG

【GFMG】今日は恋バナをしましょうw

投稿日:

友人からのメール

「ご飯へ行きましょう。
夫を1名連れていきます。」

あ、入籍したんや。

でもそもそも夫って1人やんね???

と思い、

「あ、入籍したってことを暗に伝えてるんや」

と察し

「いきませう。

結婚おめでとう」

「ありがとう」

これぞ阿吽の呼吸でしょう笑

 

どうも、2号です。

 

 

最近友人たちの恋愛相談に乗ることが多いのですが、

心底「相談する相手間違ってる」と思う。。

しかし、そして気づくのです。。

本気の回答を期待しているわけではないと。。笑

恋バナからはほど遠い位置にいる私に相談する = ちょっと聞いてほしい。

いや、もっと掘り下げると

「ただ聞いていてほしい」笑

また、恋愛目線では助言できずとも、

「そんなこと言う相手はおススメできないな」

などと、ただ単に思ったことを言う(人的にOKかNGかというところしかわかんないんだもん)

私の意見が、なかなかシビアで的を得ていることもあるんだってこと、

なんとなく(調子に乗って)感じています。

お年頃なのか、とても彼女たちは敏感で、助言にはとても忠実だったります。

「ティファニー(だったっけな?。。)のダイアのネックレスをして

ゼクシーを読むと結婚できる。」

友人によると、自分の友達2人がこれをした後結婚できた。

そして自分も実践した後半年で結婚が決まった。(その時は彼氏もいなかった)

だからやってみ!

言われた友人が9万円のネックレスをローンで買っていました。。。
(ダイアの大きさでその値段は変わるようですが・・)

びっくりした!!

でもこの友人には本気で幸せになってくれたらいいなと思います。

(どうかどうか結果がでますように・・)

助言を素直に受け入れ実行する彼女には応援したい!と思います。

ただ、頑張ったからと言って上手くいくかって言われると、、違うのが

恋愛もバスケも同じですよね。。

 

 

一緒に練習をしていて、「こうした方がよくない??」

 

とアドバイスをしたら直後にやってみる選手と、全然その傾向が見られない選手といます。

やっぱり前者の方が応援というか、一緒にやろう!とか気持ちが入ります。

「はい、はい!」と言いながら全然やらない選手。。

 

「できないんです・。。頭では分かってるんですが。。」

正直これは言い訳だと思っています。

だってバスケットはディフェンスがいることは当たり前で、その相手を出し抜いて
いくスポーツですから。

 

 

やってなんぼ、やろうとしてなんぼ。

 

やろうとする姿勢が見えるか見えないか、これは大いに違います。

 

前に工場長も書いてたと思いますが、「頑張ります!」と言って次の練習を休む人・・

「頑張る気持ちはあるんです!」 堂々と言ってくる人。

気持ちはあっても行動しない(できない)ってことは、気持ちは無いってことです。

 

 

有言実行も、無限実行も、実行するからこそです。

 

自分に対しての言い訳を相手に聞かせることは、正直とても失礼ですよね。

頑張ろうと思っているなら、何を頑張るか、何をすれば良いか

具体的にして少しでも前に進みましょう。

そして、ここが恋愛とバスケの違いですが、

恋愛は「わかっているのに、できない・・」はOKです。

みんなのおつまみになるし、あーだこーだと言ってワイワイするのが楽しい時もあるので(*^_^*)

 

でも真剣に変わりたい、何とかしたいと思っているなら、

 

「行動を見せる」

 

これは結構大事です。

 

■格言にやる気スイッチに、たぁくさん出てます☆

格言シリーズ♪
http://grin-factory.com/fs/grin/c/kakugen

やる気スイッチ
ドライ
http://grin-factory.com/fs/grin/c/dry

コットンも
http://grin-factory.com/fs/grin/c/cotton

cotton-kokoro-m-05-dl

 

カワイイデザインは鉄人18号作が多いんですよ笑(コソコソ)

 【GFMGは、バスケットボールブログです。】
GRIN★FACTORY工場長&2号が、現役選手としてこうありたいという想いを 日々綴るバスケブログです。
ミニバス選手や中高バスケ選手とその保護者さんにもコメントやメールを沢山頂き、
私たちも励まされています!
ぜひ、ひと味違うバスケウェアブランドGRIN★FACTORYのブログ、お楽しみ下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

G★F2号

バスケ歴:松陽ミニバス→中学は陸上部→甲子園学院高校→園田女子大→大阪ガス(2016年3月退部) 小5で始めたミニバスで将来を嘱望されたが、地元中学にバスケ部がなかった。周りからは越境も勧められたが陸上部に入り、全中出場を果たす。 その後兵庫県でNO,1だった甲子園学院に中学未経験ながら堂々入部。 入学時はバッシュもなく底を綺麗に拭いた運動靴で練習をし見かねて顧問の先生からもらうなど、様々なエピソードの持ち主。「涙は分泌物」と言い放ち、心が鉄のように動かないため、鉄子とも言われている。 大学卒業後は一般企業に勤め、数年プレーしない日常を楽しんでいたが、会社の飲み会にてたまたま大阪ガスの試合に誘われ流れのまま入部。 工場長と出会う。チームでは常に30点は得点あげていた絶対的エース。

-GFMG

PAGE TOP

Copyright© グリンファクトリーマガジン , 2019 All Rights Reserved.