イベント・出店

不満を成長するチャンスに変える!【GFMG】

投稿日:

起きたらまず近所の公園にいって、

7分間エクササイズというスマホアプリに

トレーニング内容を指示してもらって体幹トレーニングをしている

工場長です。

まいど、どうも。

徒歩10分くらいするともう山の中

徒歩10分ほどで山の中

 

ブログ、メルマガなどで、自分たちの意見を発信するようになってから

選手たちよりも、保護者さんからの相談が少しずつ増えています。

 

  配信している内容をみてのことでしょうから、

信用して下さってのことだと思うのでとてもありがたいのですが、

その質問の内容に戸惑うこともけっこうあります。

 

その度に「うーん、これって・・・」と2号と共有しながら

出来るだけ相談してくださる立場になって想像してみて、

その相談の対象になっている事の側も想像してみて

その上で、私たちなら・・・というお返事をするようにしています。

 

その答えが気休め程度にでも助けになっていればいいのですがどうなんでしょう。

 

  質問は、メルマガ(ブログ)にも、なんならバスケノートサポートにも

技術的な事をあまり書いていないということもあるからか、

シュートがうまくなるには ドリブルがうまくなるには
とかいう技術的な質問はほとんど来ません(笑)

 

そんな質問は「魔法はありません、練習あるのみです」

と言われるのがオチですがw。

 

  多いのは保護者さんからの   我が子がなかなか試合に出れない

子供の頑張りがイマイチ 向いていないと言われたからやめさせるか迷っている

 

そして・・・けっこうあるのが 指導者、コーチへの不満 (特にミニバス)

 

あと・・・モンスターペアレント問題

親がうるさく口出しをしてきて、子供が実力以上に 試合にでたりする・・・

 

とか・・・

 

メッセージを読んでいると マジで・・・あり得へん・・・と思います。

いろんな人が実在するんやなぁと感心すらします。

 

選手には選手の

コーチにはコーチの

保護者には保護者の

ファンにはファンの

サポーターにはサポーターの

言い分、悩み、問題、不満があると思います。

 

いろんな悩みがあるけれど、私はなにかあったら

この問題でまず自分が変わるべき部分はないかな?

と 考えるようにしています。

 

自分からみて問題のある他人をどうにかしようとするのではなく

自分自身がそんなことが気にならないように心大きな人になるとか

問題ある人が変わらざるを得ないくらいの影響力を自分自身が持てるように

行動を変えていくように気をつけます。

 

すると、他人の問題ではなく 自分の問題になり、自分次第で問題が解決できることになります。

 

そもそも、人はそんなに変わる事は出来ません。

その証拠に私が、あなたが変わるべきですと言っても多かれ少なかれ抵抗あると思います。

 

「なんで、悪いのはコーチ(モンスター)で

こっちは 悪くないのに変わらないといけないの?」

 

解ります。 私もよくそう思っていました。

でも、この抵抗はコーチ(モンスター)も同じなんですよね。

 

「うまくならないお前が悪いんだ。なんで俺が指導方法を変える必要がある。 教えるべき事は教えている。」

「ウチの子の方が、上手。あなたごときに言われる筋合いはない」

  と思っているかも知れません。

 

別にかばっているのではありません。

 

私個人は、子供の自然に成長する部分を加速させてあげるのが指導やと思いますし

親は、子供に道をつくって歩かせるのでなく、子供が作った道をうしろから見守って あげてほしいと思います。

 

でも、変わりたいと思っていない人は変える事が出来ません。

でも、自分自身が変わる事は、難しいけど、出来ます。

変わろうと思うのなら、ですが。

 

コーチの言動や、指導、練習内容に不満があって、

保護者であるあなたはそれを 本気で変えたいなら、

コーチの人格を変えることを悩むのではなく コーチを更迭して別のコーチを探すか、

自分自身がコーチになってチームを変える事を検討すべきです。

 

でもきっとそれがいろんな事情で無理なのですよね。

その「無理」をしてコーチをしているのを忘れてはいけません。

意見は、出来る事、やる事やってからいうと発言にも重みが出るってもんです。

なので。。まだまだ 私の意見には、重みがないかも知れません・・・・

 

が、変わろうと思う事が、まず変わるスタートである。

そう思います。

 

相談してそこに答えがあっても解決はしません。

行動しなきゃダメです。

 

そう、そうやねん(と、自分に言い聞かせる・・・・)

 

PSインターハイ、正式出店許可を待ってると間に合わないので フライングで準備はじめています。

今回もデザイン担当は2号! (大事なヤツはできるだけやってもらう方針の工場長)

タオルは2パターン。どっちも良い!!!

 

パターン1 パターン2

Tシャツは6パターン 

インターハイ2014_white
ホワイト
インターハイ2014_black
ブラック
インターハイ2014_green
ダークグリーン
インターハイ2014_enji
エンジ
インターハイ2014_yellow
イエロー
インターハイ2014_blue
スカイブルー

  ぜひ、インターハイ会場であいましょーーー!!

楽しみにしながら準備頑張ります☆

【GFMGは、バスケットボールブログです。】
GRIN★FACTORY工場長&2号が、現役選手としてこうありたいという想いを 日々綴るバスケブログです。
ミニバス選手や中高バスケ選手とその保護者さんにもコメントやメールを沢山頂き、
私たちも励まされています!
ぜひ、ひと味違うバスケウェアブランドGRIN★FACTORYのブログ、お楽しみ下さい

 

grin-factory.com
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

G★F工場長

バスケ歴:松原第三中学校→府立松原高校→大阪薫英女子短大→日立甲府→大阪丸紅→ふれんど→大阪ガス(2016年3月退部)→ 高校大阪3位と高校時代までの戦績は今ひとつながら、その後はチームメイトの活躍のお陰で大学生ではじめての全国大会を経験する。 その後所属した日本リーグ(現WJBL)、国体、全国クラブ準優勝、オールジャパン、全国実業団大会など様々な大会出場経験。 2007年にバスケットボールウェア専門ブランドGRIN★FACTORYを立ち上げ10年目を節目に法人化しGRIN FACTORY株式会社とする。 ちなみに実業団であった大阪ガスに復帰したのは36歳の時。半年ほど前に入部していた2号に出会う。※2016年学生時代のチームメイトに誘われ出場した日本スポーツマスターズ大会で2年連続全国準優勝を果たし、3度目の正直の全国優勝を狙っている。。。

-イベント・出店

Copyright© グリンファクトリーマガジン , 2020 All Rights Reserved.