ミニバスから大人までバスケウェアがそろう

グリンファクトリーマガジン

GFMG

メンタルが弱いということ【GFMG】

更新日:

2月も本日で終わりです!
そろそろ春を感じる季節になってきました!

 

工場長です。
まいど、どうも。
立て続けにすみません。
ほんとはこっちを書いた続きにセール話書いてたんですけど
つながりないので、別々に投稿することにしました。

 

 

週2~4で、crossfitのジムに行ってますが、
そこのコーチ(アメリカ人)が時折すごくいいことを言います。(あ、日本語話せますw)

たとえば

世界1位がレベル100とするなら、自分はレベル70のくらい。
レベル70までは大変だけどでも必死で頑張れば誰でも来れるチャンスがある。
でも、この上のランクに行くにはセンスも必要。
今までやってきた30とこれからの30の差はくらべものにならない。
とてつもなくシビアで果てしない。

(上には上がいて、その上はもう人間じゃない強さだって言ってました。そんなコーチもアジアトップ10に入ってるという、私たちからするとなんでもできるとんでもなくすごい人です。)

 

事実(自分が弱いこと)を知るのはすごく怖い。
弱さを知るのは勇気がいる、それがあるか。

(クロスフィットには大会があってその大会に参加すると自分の世界での順位がわかるのです。参加しない人にむけての言葉)

 

自分の状態を判断できない、きちんと制御できないことはメンタルが弱いということ。

 

最初飛ばすのにラスト付近ででいつもヘロヘロになるメンバーにいつも言っています。
気持ちはあっても、やりたくても、冷静に考えていいパフォーマンスが発揮できないなら気持ちを抑えてコントロールできない=メンタルが弱いってことです。

「どんな状態でも試合出たい=気持ちが強い」と少なからず思ってたので・・・なんか試合出たいばっかりだったあの頃(遠い目)だったらすごく突き刺さっただろうと思います笑

 

コーチは自分のレベルくらいならすべてをかけて頑張れば誰でも到達できると言いつつも、、もちろん無茶苦茶に辛いから苦しいときにも継続して頑張れる力(これもセンスかな)は必要と言っています。

私自身はある経験からコーチの言っている意味がすごくよくわかります。
それは、とある選手にマッチアップしたときに自分は選ばれた人じゃないってことを知ったとき。こりゃだめだ、絶対このレベルにはどう頑張ってもたどり着けない。って思ったのです。

 

それは、あきらめたとは少しちがっててこれから上への道は今までの道よりも想像できないくらいに険しいとわかったのです。今までもほぼ手を抜かず全力で走って来たのにそれでもこの程度(この差)なら私は到底この山(バスケットボール)の頂上には登れないなと思いました。

 

とある選手とは、萩原美樹子さんですがまたそれはいつか改めて書きますね。

 

いや?書いたことあるかもと思ったらやっぱり書いてました笑

現在地のわからない地図はタダの絵だ。【GFMG】

 

 

自分の現在地を知ると夢も希望も無くなったりしますが
(すごく頑張ったのに初戦敗退とかしたら立ち直るのに時間かかりますよね)

 

落ち込んだとしても、その知った瞬間に人生が終わるわけじゃないし
現在地からどう行動していくかが大事!といつも切り替えています。
誰にも過去は変えれないし、未来はわからないから。

 

 

よくこのブログにも書いていますが
スポーツの場合は、勝者の数が決まっているので
頑張っても成果が得られないことは普通によくある当たり前のことだし、
それ前提で頑張っていくものだと思います。

 

 

でもつい自分の頑張りを認めてほしくなることがありますよね。
やっぱり私もあります((+_+))

そんなときは頑張るのを休んでもいいのかなと思います。
ずっと逃げるわけにもいかないはずだから休憩はアリ。
で、しっかり休んでまたやっぱり頑張らなきゃ!って思ったら頑張ればいいんです。

 

さぁ、明日から3月、春です。
またいまから、ここから、スタートしていきましょう笑

 

 

シャカシャカ上下(紺)

シャカシャカ上下(紺)

このリュックも工場長の周りの愛用者激増中!
軽くて使いやすいらしいです。
(残りの数が少ないので工場長は遠慮してますw)

バッグパック

小3ミニバス選手絶賛!のバッグパック

-GFMG

Copyright© グリンファクトリーマガジン , 2019 All Rights Reserved.