GFMG

【GFMG】メリットを感じさせる。

投稿日:2016年10月26日 更新日:

「ノルマ」だからお願いします。
という最低なクロージングをしてくる営業さんがいます。

 

最初は大変だなぁと契約しましたが、
2度3度もその言葉を使ってこられると
契約をする気だったとしてもちょっと引っかかります。

ノルマ達成に協力できたらいいなぁとは思うけれど

 

お客さんである私のためではなく
自分のために買ってください。

何回もいうんは自分仕事なめてるやろ。
ほんで、客もなめてるやろ。

 

と内心思いだしている
工場長です。
まいど、どうも。

 

そんな仕事なんも面白くないやろ。しんどいやろ。
ノルマはあっても、それはお客さんに背負わせてどーすんの。。

 

頭下げてお願いするようなやり方では
なかなか契約数が伸びたりしないと思います。

 

反面、実演販売とかのすごい人が売っていると
それまで興味のなかった皮むき器なんかを
つい欲しくなったりすることありますよね。

皮むき器

これはやり過ぎ感あるけど

あれってすごい技術ですよね。
あんな感じでちゃんと、お客さんにメリットを伝えて
欲しいと思ってもらって買ってよかったなぁと
思ってもらうかが営業(仕事)かなと思います。

 

もしも、販売する商品に魅力がないなら
(それはそれで大問題だけど)
自分から買えばこんなにメリットありますよと
絶対損はさせませんといえるだけの
自分自身に魅力を付ければいいと思います。

 

と他人事だから簡単に言いますがw

 

まぁ、でも何か目標達成するにあたって(ノルマもそう)
一人で達成できる(本をここまで読む!とか)以外の目標を達成するには

 

周りの人にそのメリットを感じさせるように努力する
これが実現にむけて手っ取り早いと思います。

・・・言い方悪すぎますか?

だって周りに協力してもらった方が楽でしょ?

 

「ノルマだから」には
こちらにメリットを見せずに
自分の結果だけ持ち帰ろうということと同じです。

 

 

気持ちはわかるし大変なんやろけど
頑張ってるんやろけど
何かこっちに得することはあるのか。
だいたい、それにこたえる義務ある?

と思ってしまいます。

 

 

 

「試合でたい」も同じです。
普段練習をサボらず、頑張っていたとして
監督も試合に出してあげたいけど。。。

コイツ頑張って練習来てるから出したいなぁ。
でも、脚力ないし、シュート入らないし、ミスも多い。
負けるわけにはいかないし。

・・・使いにくいなぁ。
と苦しい思いでベンチに座っているあなたを見てるかもしれません。

 

気持ちで何とかなる部分はもちろんあります。
でも、ならない部分はどう補いますか?

 

 

自分を使うとこんなにいいことがあるよ!
それを練習の段階でどれだけ与え、
実際に見せることができるか。

 

ただ頑張ってるだけじゃぁ、
世の中に出たとき苦労します。
世間に出ると「こんなに頑張ってるのに。」ってことばっかりです。

 

 

だから、目標達成のために事前にやるべきこと
(練習、トレーニング、勉強、信頼構築、商品知識などなど)
を楽しんでできる、苦にせずできる人は
きっと、人がうらやましがるような
成果を手にすることができるのじゃないかなぁ。

と思うのです。

 

tanoshinda
一見しんどいようなこと
メンドクサイことも
楽しめるように知恵を使う。

 

そしてちゃんと楽しむ。

 

ちょっと最近それができるようになってきた。
気がします。

 

 

PS:福袋まえむきに検討してます。

 

ポケット付! 国産バスケットボールパンツ 「ヘムライン」

hemline

やっとでたよ!

■「9」州プロジェクト■
インターハイ会場でもバスタオル販売しました!

http://grin-factory.com/fs/grin/c/fight9

大き目バスタオルいかがですかー。

大き目バスタオルいかがですかー。

■パッションクリニック■

http://grin2.com/

passiononline

【GFMGは、バスケットボールブログです。】
GRIN★FACTORY工場長&2号が、現役選手としてこうありたいという想いを 日々綴るバスケブログです。
ミニバス選手や中高バスケ選手とその保護者さんにもコメントやメールを沢山頂き、
私たちも励まされています!
ぜひ、ひと味違うバスケウェアブランドGRIN★FACTORYのブログ、お楽しみ下さい。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

G★F工場長

バスケ歴:松原第三中学校→府立松原高校→大阪薫英女子短大→日立甲府→大阪丸紅→ふれんど→大阪ガス(2016年3月退部)→ 高校大阪3位と高校時代までの戦績は今ひとつながら、その後はチームメイトの活躍のお陰で大学生ではじめての全国大会を経験する。 その後所属した日本リーグ(現WJBL)、国体、全国クラブ準優勝、オールジャパン、全国実業団大会など様々な大会出場経験。 2007年にバスケットボールウェア専門ブランドGRIN★FACTORYを立ち上げ10年目を節目に法人化しGRIN FACTORY株式会社とする。 ちなみに実業団であった大阪ガスに復帰したのは36歳の時。半年ほど前に入部していた2号に出会う。※2016年学生時代のチームメイトに誘われ出場した日本スポーツマスターズ大会で2年連続全国準優勝を果たし、3度目の正直の全国優勝を狙っている。。。

よく読まれている記事

1

今日は質問にお答えします。 こたえはポップな言葉(関西弁)でお送りします。   工場長です。 まいど、どうも。   いきなりいくで。 今日はながいで。 意外にもよくある悩みが「背番 ...

-GFMG