GFMG

【GFMG】「だけど」を楽しむ

更新日:

すごい風・雨になるぞ。

すごいお大きい台風だぞ。。

来るぞ来るぞ。。

本日とてつもない快晴の神戸です。

 

img_4830

良い天気

くるくる詐欺。。

でも、まぁひどい電車遅れもなく無事昨日は帰れて良かった

どうも2号です。

 

日本よりも、韓国の釜山とかの被害がすごいみたいですね。。

 

雨は降ったし、風も強かったけど、何とか酷い災害は関西は
無かったです。

 

昨日は店舗も、開店以来2度目の台風での休業。

img_4825-2

店の前まで来た人がいたのかは不明。。

 

今年は本当にたくさんの台風がやってきましたね。

もうお腹いっぱいです。

これでやっと無事秋がやってきてくれそうで、秋好きとしては一安心です。

 

そうそう、GRIN★FACTORYが実店舗を構えている
元町高架下3番街(モトコー3)のお店が雑誌に載っていました。

img_4827

 

この地域枠が[花隈]となっているところがオシャレ感を出してます。
(神戸を知っている方ならわかると思いますが・・)

 

「モトコー3」って書くと怪しんで来てくれないんかな笑

怪しさしか感じない看板

やっぱり怪しい?w

 

ええとこやでモトコー3!

モトコー1でもモトコー2でもなく「モトコー3」お忘れなく。

 

Viaduc(ヴィアデュック)というお店で、とても見た目カワイイかんじです。

※名前を覚えられない私は「パン屋」と呼んでいます。
 パン屋ではダメか。私としては「パン屋」にしてほしい。

 
お店に使用されている絵は、モトコー1か2にお店を構えている
イラストレーターさんに頼んだそうです。

朝早すぎて閉まってるだけです(いつもは開いてます)

朝早すぎて閉まってるだけです(いつもは開いてます)

とてもカワイイ絵です。
店主はおじさんで、かわいくはないですが、とても面白い方です。

img_4828

うちで買い物してくれたので、きっと良い人でもあります。←基準

扱っている商品は食べ物で、「クロックムッシュ」「クロックマダム」という
何でも『パリの朝食の定番』らしいです。

 

あれ?私が話聞いた時はイタリアの食べ物って聞いた気がしたけど。。

 

国旗が似てるから勘違いしたのか?

 

真実はただ一つ!

 

 

お店に行って聞いてみてください笑

 

パンとパンの間に具材が挟まれていていて、サンドウィッチではないですが雰囲気は
そんな感じです(適当に書き過ぎで怒られそう)。あ、パンは焼かれています。

で、その挟んである具材にもモトコーでお店を構えているお店のものを使っていたります。

チリマダムという商品にはモトコーのパスタ店、「ラ・テラス」の特性チリコンカンが使用されていたり、
モトコー3に店を構えている「KUU CURRY」のカレーを使っているオリジナル商品があったりします。
(まだ食べたことないけど)

モトコーで店を構えているお店の人たちは、きっととても自分たちが
今いる場所をとても好きです。

協力しあって商店街を盛り上げたいと思っているし、なんとかシャッターが閉まったままの店数を
減らしたい。

朝イチだから閉まってるってのもありますw

そう思っています。

(ちなみにモトコー3が一番活気あると思っています)

 

ってかね、居心地がいいんですよ、モトコーって、きっと。笑

特にモトコー3はとても仲の良い商店街らしい(モトコー1のお店の人に言われた)し、
私もそう感じています。

 

人見知りがひどい姪っ子ですら、とてもモトコー3を気に入っていて、商店街を闊歩しています。
(ほぼ、「淡路屋」という衣料品店に入り浸っていますが)

 

あ、そうそう。話は戻りますが、その「パン屋」さんの店主さんがうちで商品を買った理由。

うちに入ってくるなり(淡路屋のおじちゃんが連れて来てくれた。)

 

「面白い商品ない?」

 

(面白いシャツ専門店やけどね、うち。笑(え?違う?))

と言ってきました。面白いなら「格言Tシャツ」かなぁと思いましたが、
やはり突飛すぎたようです。笑

パン屋のおじちゃんは配達もしていて
その時、自転車で行くらしいのですが、その日履いてたジーパンが
「死ぬほど分厚かった」そうで、うちの半そでスウェットと半ズボンスウェット
と格言ステッカーを買っていってくれました。

 

すぐ履き替えて配達に行かれたそうです(^^)

 

「助かった」と言っていたので、本当に「死ぬほど」だったのでしょう。笑

 

そのあと、噂のクロックムッシュなるものを食べようと思い

買いに行くと、その日は既に売り切れでした。。

 

すごーい。

更に「孫に会いにいくから明日から4日間はお休みする。」というマイペースぶり。
(だから食材も少なめに準備していたそうで。「失敗した」と言っていました笑)

モトコーらしくて良い感じです。

お孫さんの顔を見に行って、どんな感じだったかまた聞きに行こうと思います。

その時は、ぜひクロックムッシュを買いたいと思います(^^♪

 

あ、そのお店イートインスペースはありません。

うちで食べられるようにしようかな笑

もし神戸に観光に来られることがあれば是非、クロックムッシュを買って

淡路屋さんで遊んでいる姪っ子を横目に見て、GRIN★FACTORYに来てください♪

神戸にぶらっと来られるお客さんのためにも、神戸の良いとこを話せるように
なっておきたいなぁと思っています。

散策する時間を作れるかわかりませんが、SAVVY片手に、どんどん新しくなる神戸を
昔なじみの神戸を私も感じていきたいと思います。

img_4829

 

モトコーの商店街を見ていて

今与えてもらっている環境に感謝して、好きになることは
とてもプラスだなぁということ。

 

無いものを数えるより、いまから出来るかも知れないことを指折り数える方が
きっと楽しい。

 

嘆いて時間が過ぎる方が、まぁ体力的には楽です。
Cafeでコーヒー1杯で何時間も文句を言い合うのもストレス解消にはなるかもしれません。

でも結局変わらない現実に対して、やっぱり疲れると思います。。

悪口や文句の良い活用法としては、、そうだなぁ「共有して一致団結できる」ことかな。

誤解を恐れず書くと
嫌な先輩の悪口を同じ学年で共有して「むかつくー。でも明日も頑張ろう!」って感じで
負けずに頑張ろう!という変なモチベーションにできればいいですけど。

(悪く思っていない子を強要しちゃだめですが)

そして、その嫌な先輩が絶対的に目上で逆らえないってところもミソです。

みんなより弱い立場の後輩とかにこれをすると「いじめ」になりますからね。

で「嫌な先輩」と思っていた人が、本当は良い人だったりするかもしれないことも
きちんと共有しておくこと。

「あんな意地悪言ってくるけど、私たちのためかもねー」とか
嫌な先輩でもとてつもなく頑張ってる姿を目にしたとき、きちんと「素晴らしい」と
感じ取れるかどうかも、大事。

 

心底憎んでしまわないように小出しにすることも大事なのかもしれません。

そう言った意味ではCafeでの数時間は有意義になるかも。

 

で、悪口も環境もすべてをプラスに出来るのは「感謝」を忘れない人だけの特権だなとも思います。

会社が嫌、でも雇ってもらってありがたい。

先輩が嫌、でも怒ってくれるのはありがたい。

部活が嫌、でもみんなのことは好き。

 

我慢にもプラス思考にも限度があるし見極めは大事ですけど、そう考えられる瞬間が
ある人・ない人ではきっと違った人生になると思います。

 

人生の過渡期かもしれない20代後半から30代前半のアラサー世代

不惑のアラフォー世代。

頑張るアラフィフ世代。

定年後、本当に自分の居たい場所を探すアラカン世代。

どんな世代でも一緒にいて心地いいのは、感謝しながら頑張ってる人です。

 

ドラマ「ノンママ白書」のお三方。アラフィフらしい。ほんとに?

ドラマ「ノンママ白書」のお三方。アラフィフらしい。ほんとに?

 

「人は一人では生きていけないけど、人は面倒くさい」と言いながらも
孫に愛おしそうにご飯をあげる母。

面倒だけど、楽しい。

楽しいけど、面倒。

面倒だけど一人では生きていけない。

「だけど」の部分をどれだけ愛せるか、楽しめるか、ここが最大のミソのようです。

 

商店街も、1店舗ではダメで、複数店舗が元気に営業してるから良い。

支えてるつもりでも支えてもらっていることもたくさん。

 

だから、どれもおろそかにできない。

 

そう思えるかどうか。

モトコー3は奥が深い。笑

★★☆企画進行中☆★★

■大ちゃん募金■

http://grin-factory.com/fs/grin/c/passion

daichan-gfmg

パッションウェア!

■「9」州プロジェクト■
インターハイ会場でもバスタオル販売しました!

http://grin-factory.com/fs/grin/c/fight9

大き目バスタオルいかがですかー。

大き目バスタオルいかがですかー。

■パッションクリニック■

http://grin2.com/

passiononline

【GFMGは、バスケットボールブログです。】
GRIN★FACTORY工場長&2号が、現役選手としてこうありたいという想いを 日々綴るバスケブログです。
ミニバス選手や中高バスケ選手とその保護者さんにもコメントやメールを沢山頂き、
私たちも励まされています!
ぜひ、ひと味違うバスケウェアブランドGRIN★FACTORYのブログ、お楽しみ下さい。
grin-factory.com
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

G★F2号

バスケ歴:松陽ミニバス→中学は陸上部→甲子園学院高校→園田女子大→大阪ガス(2016年3月退部) 小5で始めたミニバスで将来を嘱望されたが、地元中学にバスケ部がなかった。周りからは越境も勧められたが陸上部に入り、全中出場を果たす。 その後兵庫県でNO,1だった甲子園学院に中学未経験ながら堂々入部。 入学時はバッシュもなく底を綺麗に拭いた運動靴で練習をし見かねて顧問の先生からもらうなど、様々なエピソードの持ち主。「涙は分泌物」と言い放ち、心が鉄のように動かないため、鉄子とも言われている。 大学卒業後は一般企業に勤め、数年プレーしない日常を楽しんでいたが、会社の飲み会にてたまたま大阪ガスの試合に誘われ流れのまま入部。 工場長と出会う。チームでは常に30点は得点あげていた絶対的エース。

-GFMG

Copyright© グリンファクトリーマガジン , 2020 All Rights Reserved.